返回首页
当前位置: 银河时时彩 »日语阅读 » 日文古典名著 » 枕草子 » 正文

【宮に初めて参りたるころ】~第百八十四段(三)

时间: 2014-06-29    进入日语论坛
核心提示:(三) しばしありて、前駆(さき)高う追ふ声すれば、「殿参らせたまふなり」とて、散りたるもの取りやりなどするに、いかでお
(单词翻译:双击或拖选)
(三)
 しばしありて、前駆(さき)高う追ふ声すれば、「殿参らせたまふなり」とて、散りたるもの取りやりなどするに、いかでおりなむと思へど、さらにえふとも身じろかねば、いま少し奥に引き入りて、さすがにゆかしきなめり、御几帳(みきちやう)のほころびよりはつかに見入れたり。
 
 大納言殿の参りたまへるなりけり。御直衣(なほし)、指貫(さしぬき)の紫の色、雪にはえていみじうをかし。柱もとにゐたまひて、「きのふけふ、物忌みにはべりつれど、雪のいたく降りはべりつれば、おぼつかなさになむ」と申したまふ。「道もなしと思ひつるに、いかで」とぞ御いらへある。うち笑ひたまひて、「あはれともや御覧ずるとて」などのたまふ、御ありさまども、これより何事かはまさらむ。物語にいみじう口に任せて言ひたるにたがはざめりと覚ゆ。
 
 宮は、白き御衣どもに紅の唐綾(からあや)をぞ上に奉りたる。御髪(みぐし)のかからせたまへるなど、絵にかきたるをこそかかることは見しに、うつつにはまだ知らぬを、夢のここちぞする。女房と物言ひ、戯(たはぶ)れ言などしたまふ。御いらへを、いささか恥づかしとも思ひたらず聞こえ返し、そら言などのたまふは、あらがひ論じなど聞こゆるは、目もあやに、あさましきまであいなう、面(おもて)ぞ赤むや。御くだ物参りなど取りはやして、御前にも参らせたまふ。
 
(現代語訳)
 
 しばらくして、高らかに先払いをかける声がして、女房たちが「関白殿(藤原道隆)が参上されたようです」と言い、散らかっているものを片づけだしたので、私は何とかして退出しようと思ったが、まったく素早く動けず、もう少し奥に引っ込んだものの、やはり見たかったのだろう、御几帳の縫い目のすき間から、わずかに覗き見た。
 
 しかし、それは関白殿ではなく大納言殿(藤原伊周)が参上されたのだった。着ていらっしゃる御直衣や指貫の紫の色が、白い雪に映えてとても美しい。大納言殿は柱の側にお座りになって、「昨日から今日にかけては、物忌みで外出もできないでおりましたが、雪がひどく降り、こちらが気がかりで参上いたしました」と申された。中宮様は「古歌に『雪降り積みて道もなし』と詠まれているとおり、道もございませんでしたでしょうに、どうして来られましたか」とお答えになった。大納言殿は微笑まれて、「その古歌のとおり、こんなときに参ってきた私を、思いやりのあることだと思ってくださるかと存じまして」などとおっしゃる。こうしたお二人の御ようすは、これにまさるものはないほどだ。物語で、作者が口をきわめて褒めて言うのと違わないと思う。
 
 中宮様は、白いお召し物を重ねて着られ、その上に紅の唐綾をお召しになっている。それにお髪(ぐし)がたれかかっておられるさまは、絵でこそ見はしたものの現実には見たこともなかったので、夢のような心地がする。大納言殿は女房に話しかけ、冗談などを口にされる。女房たちは少しも気恥ずかしく思わず返事をお返しし、大納言が嘘などをおっしゃると、それに逆らって抗弁など申し上げるさまは、私には目にもまぶしく、あまりのことにやたらに赤面してしまうほどだ。大納言殿はお菓子を召し上がり、座を取り持つように、中宮様にも差し上げられる。
轻松学日语,银河时时彩:快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(2)
100%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论