返回首页
当前位置: 银河时时彩 »走进日本 » 古事記 » 正文

彦五瀬命の死

时间: 2018-08-30    点击:260进入日语论坛
核心提示:長髄彦(ながすねひこ)との戦いで、彦五瀬命は手に矢が刺さってしまいました。彼は、「私は日の神の御子なのだからと、日に向か
(单词翻译:双击或拖选)
長髄彦(ながすねひこ)との戦いで、彦五瀬命は手に矢が刺さってしまいました。彼は、
「私は日の神の御子なのだからと、日に向かって戦った。これが良くなかった。そのせいで賤しい奴の矢を受けてしまった。今後は回り込んで日を背にして戦うことにしよう」
と誓い、南に回り込んで血沼海(ちぬのうみ?大阪府和泉地方)に辿りつき、ケガをした手の血を洗い流しました。そんな理由でここを血沼海と呼びます。
 
そしてさらに南に回り込んで紀伊国(和歌山県)の男之水門(おのみなと?和歌山市との説)に至りましたが、彦五瀬命は
「賤しい奴から受けた傷で死ぬはめになるとは!」
と雄々しく叫んで亡くなってしまいました。そんないわれで、そこの港のことを男之水門と呼ぶようになりました。彼の御陵は紀伊国の竈山(かまやま?和歌山県和歌山市)にあります。
 
 
轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

------分隔线---------- ------------------
[查看全部]  相关评论